女性でも楽に設置できる、下置きウォーターサーバーだけを徹底比較!

水も滴るイイオンナ?

女性への褒め言葉として使われる「水も滴るいい女」。
つまり、美しさもまた「水」にあるということです。

 

水は人間にとって「生命」であることはいうまでもありません。
「万物の根源は水である
という言葉をはじめ、探せば水を語る個人の言葉は数限りなくあるでしょう。

 

つまり、人間は古くから水についてのさまざまな言葉を残し、
現在もまた口にしてきました。
冒頭にご紹介した「水も滴るいい女」というような女性になるためには
水をたくさん飲めばいいのか、というとそうではありません。

 

大切なのは量ではなく、上手に飲むことです。
起き抜けの一杯が、便秘や食欲不振に良いことは今やよく知られています。
からの胃に冷水が入ると胃が刺激され次いで腸も刺激され、お通じにつながります。
また、食欲も誘いますし一方では食欲を抑制する効果もあります。

 

さらに、特に女性にとってお肌や胎児に影響をおよぼすというタバコは
水がその欲求を抑える効果があります。

 

タバコが吸いたい!と思ったらまず水をのみましょう。
水が有害物質を溶かし、毒性を薄める作用によってニコチンの毒性を弱めていくというわけで
水を飲む習慣をつけることで禁煙に成功出来た人は多いようです。

 

また、加齢とともに出てきてしまう「シワ」をきにするのは
女性の場合は殆どと言っても良いかもしれませんが、皮膚のシワも水分と密接に関係しています。

 

シワは、細胞内の水分不足が大きな要因になっているのです。
「人間の一生は水分の歴史」と言われているほど年とともに体内の水分は減少し
70歳を超えると赤ちゃんの半分の水分になってしまいます。

 

新陳代謝が衰え、水分はすぐに尿として排出され
体内にとどまる時間が少なくなります。つまり、細胞内の水分の減少がシワに結びつくわけです。

 

このことは老化防止に水が大いに役立つと言えることです。

 

「年をとるとトイレが近い」とも言いますが、それは体の保水能力が減退し
水を飲んでもすぐに体外に排出されるからです。

 

しかし、体のためにはその分水を補給しないといけないという事にもなります。
お年寄りからは「夜中にトイレに行きたくなるから、
寝る前は水を飲まない」という言葉を聞くことがあります。

 

夜中にトイレに起きる面倒さはよく分かるのですが、
お医者さんに言わせれば「面倒臭がらずにコップ一杯の水を飲んだほうがいい」そうです。
それが老化防止につながるのですから、水を飲むのに越したことはありません。