硬水と軟水

硬水と軟水

天然に湧き出ている水は雨水や雪などが地中に染み込み
地層を通って再び出てきたものです。

 

長い年月を掛けてゆっくりと地層を通る段階で、ゴミや汚れが濾過され
代わりに地層内のミネラルが吸収されるのです。

 

ですから、その水が湧き出している土地・すなわち採水地によって
含まれるミネラルが異なり、様々な特性が出てきます。

 

このミネラルの中でも最も大切なのは、カルシウムとマグネシウムです。
お水にはそれぞれ硬度があり、それはカルシウムとマグネシウムの量から数値化されます。

 

世界保健機構では、水一リットルに120ミリグラム以上を「硬水」、
それ以下を「軟水」としています。
国内では一般的に硬度100ミリグラム/リットル以上を「硬水」、300ミリグラム/リットル程度を「中硬水」、
1000ミリグラム/リットル以上を「超硬水」と位置づけています。

 

地層にカルシウムとマグネシウムの成分が多く含まれるほど、そして長く地層に浸透させるほど
硬度は高くなります。
ヨーロッパの水に硬水が多いのは、石灰岩層の地層と偏袒で広大な土地が多いせいなのです。

 

長い長い年月をかけてカルシウムとマグネシウムを多く含む地層を通るため
硬度が高くなるのです。

 

逆に言うと、日本の土地は起伏が激しいために
水の流れも比例して激しくなり、ミネラルを吸収する期間が短くなります。
日本に軟水が多いのはそのためなのです。

 

ミネラル豊富な軟水は積極的に体を強化していく水で
対する硬水は体への負担をかけずに体内を循環する水を言えます。

 

どうせばらいつでも中硬度あたりの水だけを飲んでいたほうが
美容と健康に効果的だと思われるかもしれませんが、一概にはそうとも言えないのです。

 

硬度の高い水は便秘を解消するメリットが有る反面
下痢などの胃腸障害を起こすこともあります。
腎臓に疾患がある人は、のみずぎると尿路結石になることもあります。

 

疲労が溜まっている時や、朝と夜寝る前は軟水、昼間は中硬水など飲み分けても良いかもしれません。

 

硬水の味が苦手もしくは下痢気味になるようなら無理して飲み続ける必要はありません。
その時美味しいと感じるみずが、体が欲しい、と感じている水です。